ホームページ制作 東京

お問い合わせ

アイコン

メニュー

NOTEBOOK

ノートブック

CATEGORY

ARCHIVE

WordPressとMovableTypeを比較

2018.05.29

カテゴリー:

はじめに

ひとつ前の記事で、CMSの基幹システムとして「WordPress」と「MovableType」という2つのブログソフトウェアをご紹介しました。
今日はこの2つのブログソフトウェアについて比較・検証したいと思います。

仕様

大きな違いとしては、WordPressは無料、MovableTypeは有料のソフトウェアという点ですね。
双方ともに商用利用可能です。

WordPress MovableType
ライセンス費用 無料(GPLオープンソースライセンス) 通常ライセンス:97,200円(税込)
サポート体制 WordPressフォーラム(原則、自己解決) シックスアパート社による1年間のテクニカルサポート
開発言語 PHP Perl
データベース MySQL MySQL、PosgreSQL、SQLite
コンテンツの生成 動的 動的、静的、選択可能(動的の場合ダイナミックパブリッシングでPHP化)
プラグイン 有り(1万を超える無料プラグイン) 有り(数百程度)

サポート体制

WordPressは「WordPressフォーラム」で自己解決するのに対し、MovableTypeは1年間のテクニカルサポートを受けられます。
WordPressは基本、自己解決するしかありませんので、答えに辿り着くまでに時間がかかることがあります。
ただし、WordPressは圧倒的に利用者が多いので、少し調べると、そこら中に答えは落ちていると思います。

MovableTypeは有料だけあって、専門的な質問にも丁寧に答えてくれるので、制作会社としては非常に助かります。
以前、当社のお客様が保有する専用サーバへMovableTypeをインストールする機会があったのですが、インストールがうまくいかず、右往左往しました。この時はテクニカルサポートのおかげで解決したので非常に助かりました。

プラグイン

比較表にも記載しましたが、プラグインの数が圧倒的に異なります。
WordPressの場合、「こういったことをやりたい」というリクエストに対して、多くのことがプラグインで解決できます。
MovableTypeについては正直プラグインは褒められたものではありません。

構築の難易度

PHPを理解できる方は、WordPress一択で良いと思います。
MovableTypeは開発言語がPerlなので、PHPをやっている方は困惑するかもしれません。
あと、MovableTypeは独自の構文も多いです…。
ただし、デザイナーの方はMovableTypeの方が構築しやすいかもしれません。
直感的に構築できます(と、当社システム担当者が言っております。あくまで私見です。)。

続きはまた明日!

CONTACT

アイコン

アイコン

お電話でのお問い合わせ

03-6808-5181

03-6808-5181

株式会社クリムゾン

東京都中央区銀座3丁目13番4-4F-B

社名 株式会社クリムゾン[会社概要
受付時間 9:00~17:00(土日祝日休み)

アイコン

メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

このページの上部へ

メニューを閉じる

年末年始キャンペーン実施中