ホームページ制作 東京

お問い合わせ

アイコン

メニュー

NOTEBOOK

ノートブック

CATEGORY

ARCHIVE

MovableTypeの静的仕様(スタティック)と動的仕様(ダイナミックパブリッシング)について

2018.06.05

カテゴリー:

ひとつ前の記事で、他ドメインへのMovableType移設作業についてご紹介しましたが、少し補足しておきます。

PHP化した動的仕様(ダイナミックパブリッシング)からCGIとHTMLベースの静的仕様(スタティック)に変更すると、記事を投稿する際に「再構築」という作業が必要となります。
MovableTypeは従来、CMSで生成されるページを静的なHTMLファイルとして生成します。
これを静的仕様(スタティック)と呼んでいます。
静的仕様(スタティック)は投稿した記事を一つひとつ個別のHTMLファイルとして生成してくれるため、アクセスがあるたびに、該当ユーザーに対してサーバ側で表示ファイルが生成されるPHPと異なり、サーバへの負荷が少ないため、多くのアクセスが見込まれるホームページに向いています。

ただし、動的ではないため、投稿がある度に各ページのリンクタグ等を書き直す必要があります。
それを行うのが「再構築」という作業です。
サーバ側で再構築のcronを設定しておき、アクセスが少ない深夜に自動的に再構築させると良いでしょう。

再構築が面倒な場合は、MovableTypeをPHP化して動的仕様に変更することも可能です。
ホームページ全体を動的にすることも可能ですし、ヘッダーやフッターをPHPでパーツ化し、コンテンツ部分のみ動的にすることも可能です。
見込まれるアクセス数、サーバの仕様、予算等と向き合いながら、そのホームページに最適な仕様を固めると良いでしょう。

CONTACT

アイコン

アイコン

お電話でのお問い合わせ

03-6808-5181

03-6808-5181

株式会社クリムゾン

東京都中央区銀座3丁目13番4-4F-B

社名 株式会社クリムゾン[会社概要
受付時間 9:00~17:00(土日祝日休み)

アイコン

メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

このページの上部へ

メニューを閉じる

年末年始キャンペーン実施中