Menu

お問い合わせ

ホームページ制作 東京

EC-CUBEの導入について

自社で独自のECサイトを運営しませんか?

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング等の大手ショッピングモールは、集客力がある反面、最終的にモール内の価格競争に陥る傾向があります。
また、独自のブランディングやマーケティングが難しく、ビジネスが形骸化してしまう恐れがあります。
自社ドメインで独自のECサイトを運営することで、自社のイメージや取り扱い商品に合わせたマーケティング、ブランディングが可能となります。

大手ショッピングモール 自社ECサイト
運営 ショッピングモールの運営会社 自社
ドメイン ショッピングモールのドメイン 独自ドメイン
主なランニングコスト
  • システム利用費用
  • 売上に対する課金
  • アフェリエイトの費用負担
  • オプションサービス利用費用
  • サーバ・ドメイン・SSL証明書の利用費用
  • クレジット決済の利用費用
  • システム保守費用
メリット 集客力
  • 自由な運営
  • 独自のマーケティング・ブランディングが可能
デメリット
  • 独自のマーケティング・ブランディングが不可
  • モールの運営会社主導の戦略
  • 付与ポイントの強要
  • 価格競争に陥る
自社で集客を行う必要がある

EC-CUBE

自社ECサイトのショッピングシステムを構築するには、ASPサービス、パッケージ、オープンソースと様々な方法がありますが、当社ではオープンソース「EC-CUBE」の導入を推奨しております。
オープンソースは無料で利用できることから、イニシャルコストおよびランニングコストを抑えられ、また「EC-CUBE」は国内で最も利用されているECオープンソースですので、構築やカスタマイズのノウハウが多く、ショップ運営の自由度が高いことが大きな特長です

EC-CUBEの基本機能

商品・在庫管理

商品の登録・編集、企画管理(サイズ・カラー)の、在庫管理など、商品に関する全ての作業をシステム内で行えます。

売上管理

月別の集計はもちろん、指定期間の集計、商品別の集計、ユーザーの年齢・職業別の集計を行うことが可能です。

顧客管理

ユーザーの個人情報をシステム内で管理するため、その情報を用いた独自のマーケティングを展開することが可能です。

オプション機能

クレジット決済

イプシロンやペイジェント等のクレジットモジュールを実装することで、クレジット決済が可能となります。

クーポン機能

定額クーポン(例:2.000円オフ)、定率クーポン(例:10%オフ)等の独自クーポンを発行することが可能です。

在庫連携

Amazon等の大手ショッピングモールでもショップを運用している場合、サイト間の在庫を同期することが可能です。

EC-CUBEの導入実績

当社がこれまでに手がけたEC-CUBEの導入実績の一例をご紹介します。
詳細はお問い合わせください。

Technogel Sleeping®公式ショップ

テクノジェル

  • デザイン
  • スマホ
  • EC-CUBE
  • CMS
URL https://www.technogel.jp/
  • クレジット決済の導入(イプシロン)
  • オリジナルのクーポン機能の導入
  • Amazon等の外部ECサイトとの在庫連携(ネクストエンジン)
  • WordPressの導入

快眠博士®オフィシャルサイト

快眠博士

  • デザイン
  • EC-CUBE
  • CMS
URL https://www.kaimin-hakase.com/
  • クレジット決済の導入(イプシロン)
  • オリジナルのクーポン機能の導入
  • Amazon等の外部ECサイトとの在庫連携(ネクストエンジン)
  • WordPressの導入

PHOTO GALLERY

フォトギャラリー

株式会社クリムゾンは東京のホームページ制作会社です

閉じる

年末年始キャンペーン実施中